メニューを開く 検索 ログイン

AZワクチン接種後血栓症、予後予測因子は?

2021年08月27日 05:00

8名の医師が参考になったと回答 

 日本では今年(2021年)7月、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染予防に対するアストラゼネカ社のアデノウイルスベクターワクチン(ChAdOx1 nCoV-19)が公費接種の対象となることが発表され、一部の地域で接種が開始された。しかし、接種後まれにワクチン起因性免疫性血栓性血小板減少症(VITT)を発症することが報告されており、VITTの臨床的な特徴や予後を予測するマーカーを明らかにすることが望まれている。英・Oxford University HospitalsのSue Pavord氏らは、英国におけるVITT患者の特徴および予後に関する前向きコホート研究を実施し、N Engl J Med2021年8月11日オンライン版)に結果を報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  AZワクチン接種後血栓症、予後予測因子は?

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで