メニューを開く 検索 ログイン

コロナ重症例、「腹臥位」で予後改善

高流量鼻カニュラの大規模RCT

 2021年08月27日 18:12
プッシュ通知を受取る

37名の先生が役に立ったと考えています。

 高流量鼻カニュラ酸素療法(HFNC)を要する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)重症患者において、覚醒下で腹臥位療法を行うと28日後の死亡または気管挿管への移行率が14%有意に低下したことが、大規模国際共同非盲検仰臥位対照ランダム化比較試験(RCT)の結果から分かった。フランス・Centre Hospitalier Régional Universitaire de ToursのStephan Ehrmann氏らがLancet Respir Med2021年8月20日オンライン版)に報告した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

薬剤名は一般名と商品名どちらで憶えている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  呼吸器 »  コロナ重症例、「腹臥位」で予後改善