メニューを開く 検索 ログイン

抗体カクテル療法、臨時の専門施設を

 2021年08月27日 17:52
プッシュ通知を受取る

24名の先生が役に立ったと考えています。

 東邦大学微生物・感染症学講座教授の舘田一博氏は昨日(8月26日)、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の抗体カクテル療法カシリビマブ/イムデビマブ(商品名ロナプリーブ)の国内販売元である中外製薬が開いた説明会で講演。本来投与が必要なCOVID-19軽症例などに行き渡っていないという問題の解消策として「同薬の投与を可能にする臨時の専門施設をつくり、さらに投与後も患者の状態をフォローする体制構築が必要」との見解を示した。同社は同薬の皮下注射製剤や濃厚接触者への予防投与について厚生労働省に承認申請する方針も明らかにした。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

薬剤名は一般名と商品名どちらで憶えている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  抗体カクテル療法、臨時の専門施設を