メニューを開く 検索 ログイン

COVID-19小児-小児感染が増加傾向

日本小児科学会調査

 2021年08月31日 18:04
プッシュ通知を受取る

17名の先生が役に立ったと考えています。

 日本における新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)検査陽性者に20歳未満が占める割合は、2020年4月の3.9%から2021年7月には11.3%と漸増し、10歳代が占める割合は2020年4月時点では2.3%であったが、2021年7月には7.3%と増加している。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の国内小児発生例に関するレジストリ調査を継続している日本小児科学会は、昨日(8月30日)、国内小児COVID-19症例における感染源についての中間報告を公表。幼稚園・保育所での感染の割合および小児間感染の割合が増加傾向にあることが示された。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

薬剤名は一般名と商品名どちらで憶えている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  COVID-19小児-小児感染が増加傾向