メニューを開く 検索 ログイン

眼関連の炎症と腫瘍、鑑別のこつ

 2021年09月01日 05:05
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 眼科診療において腫瘤や腫大、結節などの病変が認められた場合、それが炎症、腫瘍、囊胞のいずれによるものかを鑑別することが重要である。埼玉医科大学総合医療センター眼科教授の小幡博人氏は、眼関連の炎症(感染性および非感染性炎症)と腫瘍を見極めるこつについて、充血の有無や薬物反応の違いといったポイントを示しながらフォーサム2021仙台(7月23~25日、ウェブ併催)で解説した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

薬剤名は一般名と商品名どちらで憶えている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »   »  眼関連の炎症と腫瘍、鑑別のこつ