メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

血液生検承認で学会が見解改訂、BRCA検査

前立腺がん、オラパリブに対するコンパニオン診断に新たな選択肢

 2021年09月02日 16:35
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 日本泌尿器科学会は8月31日、「前立腺癌におけるPARP阻害剤のコンパニオン診断を実施する際の考え方(見解書)」の改訂第2版を発表した。今年(2021年)5月にBRCA変異陽性の遠隔転移を有する去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)に対するPARP阻害薬オラパリブ(商品名リムパーザ)のコンパニオン診断として、新たにリキッドバイオプシー検査であるFoundationOne Liquid CDxがんゲノムプロファイル(Fd1 Liquid CDx)が承認されたことを受け(関連記事「FoundationOneリキッド、BRCA陽性前立腺がんの第3のコンパニオン診断として承認」)、推奨などが一部変更された。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

薬剤名は一般名と商品名どちらで憶えている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  血液生検承認で学会が見解改訂、BRCA検査