メニューを開く 検索 ログイン

SLE発症に腸内細菌叢が関連?

メタゲノム解析による網羅的検討

2021年09月03日 17:48

8名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 ヒトの腸内細菌叢は免疫反応や代謝応答と密接に関わっており、関節リウマチなどの自己免疫疾患や代謝疾患の発症に影響することが知られている。そのため、腸内細菌叢の異常は自己免疫疾患である全身性エリテマトーデス(SLE)の発症を誘発する環境因子と考えられてきたが、両者の関係は明らかでなかった。大阪大学大学院遺伝統計学の友藤嘉彦氏らは、SLE患者と健常者の腸内細菌叢をメタゲノム解析し、SLEとの関連を網羅的に検討した結果をAnn Rheum Dis2021年8月25日オンライン版)に報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  リウマチ・膠原病 »  SLE発症に腸内細菌叢が関連?

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで