メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  コロナで心筋炎発症リスクが16倍に

コロナで心筋炎発症リスクが16倍に

16歳未満と高齢者で特に高リスク

2021年09月03日 17:35

15名の医師が参考になったと回答 

 心筋炎の主な原因はウイルス感染だが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と心筋炎の関連についても複数報告されている。米疾病対策センター(CDC)COVID-19対策チームは、900超の医療施設における診療データを用いてCOVID-19と心筋炎の関係を評価した。その結果、COVID-19パンデミック期間の2020年3月〜21年1月にCOVID-19と診断された患者の心筋炎発症リスクは非COVID-19患者に比べて15.7倍であること、16歳未満および高齢者ではリスクが高まることをMMWR Morb Mortal Wkly Rep (2021年8月31日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  コロナで心筋炎発症リスクが16倍に