メニューを開く 検索 ログイン

コロナ重症化の背景に抗Ⅰ型IFN抗体

 2021年09月06日 04:55
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 フランス・Imagine InstituteのPaul Bastard氏、広島大学大学院小児科学教授の岡田賢氏らの国際共同研究グループは、新型コロナウイルス(COVID-19)患者と健康人を対象にI型インターフェロン(IFN)に対する中和抗体の保有率を調査。その結果、COVID-19最重例や死亡例で抗Ⅰ型IFN抗体の保有率が高く、重症化因子であるとの結果をSci Immunol2021; 6: eabl4340)に発表した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

薬剤名は一般名と商品名どちらで憶えている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  呼吸器 »  コロナ重症化の背景に抗Ⅰ型IFN抗体