メニューを開く 検索 ログイン

免疫不全患者は追加接種を受けるべき

ACRがガイダンスを改訂

2021年09月07日 05:05

3名の医師が参考になったと回答 

 米疾病対策センター(CDC)が、特定の免疫不全患者は新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンの3回目(追加)接種を受けるべきとの推奨を発表したことを受け、米国リウマチ学会(ACR)は『リウマチ性疾患および筋骨格系疾患の患者向けSARS-CoV-2ワクチン臨床ガイダンス』を改訂。「大多数の免疫不全患者はmRNAワクチンの追加接種を受けるべき。ただし、リウマチ性疾患に対する治療薬投与のタイミングには考慮を要する」としている。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  リウマチ・膠原病 »  免疫不全患者は追加接種を受けるべき