メニューを開く 検索 ログイン

免疫不全患者は追加接種を受けるべき

ACRがガイダンスを改訂

 2021年09月07日 05:05
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 米疾病対策センター(CDC)が、特定の免疫不全患者は新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンの3回目(追加)接種を受けるべきとの推奨を発表したことを受け、米国リウマチ学会(ACR)は『リウマチ性疾患および筋骨格系疾患の患者向けSARS-CoV-2ワクチン臨床ガイダンス』を改訂。「大多数の免疫不全患者はmRNAワクチンの追加接種を受けるべき。ただし、リウマチ性疾患に対する治療薬投与のタイミングには考慮を要する」としている。

…続きを読むにはこちら

ワンクリックアンケート

先生は100歳まで生きる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  リウマチ・膠原病 »  免疫不全患者は追加接種を受けるべき