メニューを開く 検索 ログイン

五苓散+トルバプタンでHFpEFの駆出率低下抑制

 2021年09月08日 09:40
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 左室駆出率(LVEF)が保たれた心不全(HFpEF)では、経過中徐々に心機能が低下し、LVEFが低下した心不全(HFrEF)に移行することがある。協和中央病院(茨城県)東洋医学センターセンター長の玉野雅裕氏は、HFpEF症例に対し、漢方薬の五苓散と心不全治療に用いられる利尿薬トルバプタンの併用効果を検討した結果を第71回日本東洋医学会(8月13~15日、ウェブ開催)で発表。LVEFの低下とそれに伴うHFrEFへの移行を抑制できたと報告した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

薬剤名は一般名と商品名どちらで憶えている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  五苓散+トルバプタンでHFpEFの駆出率低下抑制