メニューを開く 検索 ログイン

ESC心不全ガイドラインが改訂

2021年09月08日 16:13

13名の医師が参考になったと回答 

 欧州心臓病学会(ESC)は急性/慢性心不全の診断・治療ガイドライン(GL)を5年ぶりに改訂し、年次学術集会(ESC 2021、8月27~30日、ウェブ開催)で発表した。今回の改訂では、左室駆出率(LVEF)が40%以下の心不全(HFrEF)の新しい治療アルゴリズムが示され、推奨クラス1の治療薬として、SGLT2阻害薬であるダパグリフロジンとエンパグリフロジンが追加された。また、LVEFが41〜49%の心不全(HFmrEF)の診断に関して、LVEF以外の基準であったナトリウム利尿ペプチドの上昇やその他の構造的心疾患が必須基準から除外された他、HFmrEFの定義、診断基準にも変更があった。改訂版GLはEuro Heart J2021年8月27日オンライン版)に同時掲載された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  ESC心不全ガイドラインが改訂

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD538366 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外