メニューを開く 検索 ログイン

咽頭がんで2人労災認定 福島原発で事故後作業―厚労省〔時事メディカル〕

2021年09月08日 16:40

1名の医師が参考になったと回答 

 厚生労働省は8日、東京電力福島第1原発事故の収束作業に携わり、その後咽頭がんを発症した男性2人について、放射線被ばくによる労災と認定したと発表した。認定は6日付。同事故後の被ばくによるがんの労災認定は8人目で、咽頭がんでは初めて。

 厚労省は有識者検討会で、咽頭がんと皮膚がんの一種「悪性黒色腫」について被ばくとの関係を分析。累積被ばく線量100ミリシーベルト以上などであれば、労災認定する方針をまとめた。

 2人のうち、60代(発症時)の東電職員は1977年から延べ約35年間、原子炉の運転などに従事。事故後はがれき撤去や原子炉への注水作業を行った。累積被ばく線量は約199ミリシーベルトで、うち事故後は約85ミリシーベルトだった。

 40代(同)の協力会社職員は96年以降、延べ約15年間、X線撮影業務などに従事し、事故後は原発構内の放射線量測定業務に当たった。累積被ばく線量は約386ミリシーベルトで、うち事故後は約44ミリシーベルト。労災申請後に死亡した。

 収束作業に関わった人の被ばくによるがんによる労災申請は計28件で、今回の2人のほかに白血病3件、甲状腺がん2件、肺がん1件が認められた。11件は不支給が決まり、9件が調査中という。

(2021年9月8日 時事メディカル)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  時事メディカル »  咽頭がんで2人労災認定 福島原発で事故後作業―厚労省〔時事メディカル〕

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD538404 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外