メニューを開く 検索

難治希少性糖尿病にSGLT2阻害薬が有効

医師主導治験で成果

2021年09月09日 05:00

6名の医師が参考になったと回答 

 神戸大学大学院糖尿病・内分泌内科学部門教授の小川渉氏らは9月3日、希少疾患で治療抵抗性の糖尿病であるインスリン抵抗症および脂肪萎縮性糖尿病に対するSGLT2阻害薬エンパグリフロジンの有効性を医師主導治験(第Ⅲ相試験)で明らかにしたと発表した。この結果を受け、両疾患に対しエンパグリフロジンの適応追加を申請する見込みだという。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  難治希少性糖尿病にSGLT2阻害薬が有効