メニューを開く 検索

セロトニン・ドパミン遮断薬を「再検証」

2021年09月10日 05:00

10名の医師が参考になったと回答 

 第二世代抗精神病薬に分類されるセロトニン・ドパミン遮断薬リスペリドンとパリペリドン。しかし、両剤は他の抗精神病薬に比べホルモンバランスの乱れが報告されるなど、有効性や安全性に疑問の声が上がっている。英・University of ManchesterのAlexander Hodkinson氏らは、両剤に関する患者の個別データおよび臨床試験報告書を「再検証」し、結果をBMC Med2021; 19: 195)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  セロトニン・ドパミン遮断薬を「再検証」