メニューを開く 検索

糖尿病性足潰瘍に新規MΦ調節薬が有望

完全治癒はドレッシング材の2.84倍

2021年09月10日 19:05

11名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 台湾・Chang Gung Memorial HospitalのYu-Yao Huang氏らは、糖尿病性足潰瘍(DFU)患者236例を対象に、新規マクロファージ調節薬ON101と吸収性ドレッシング材の治療成績を比較する第Ⅲ相ランダム化比較試験(RCT)を実施。その結果、吸収性ドレッシング材群に対するON101群のDFU完全治癒発生のオッズ比(OR)は2.84と、優れた治癒効果を示したことをJAMA Netw Open2021; 4: e2122607)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病性足潰瘍に新規MΦ調節薬が有望