メニューを開く 検索 ログイン

2型糖尿病治療薬イメグリミン、世界に先駆けて国内で発売

 2021年09月10日 19:46
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 大日本住友製薬は本日(9月10日)、2型糖尿病治療薬イメグリミンについて、9 月16日付けで国内で発売すると発表した。同薬の発売は世界発となる。

 同薬は、既存の経口血糖降下剤とは異なるテトラヒドロトリアジン構造を有する新しいクラスの経口血糖降下薬。ミトコンドリアへの作用を介して、グルコース濃度依存的なインスリン分泌を促す膵作用と、肝臓・骨格筋での糖代謝を改善する膵外作用(糖新生抑制・糖取込み能改善)の2つのメカニズムにより血糖降下作用を示すとされる。これまでに実施した国内臨床試験において有効性、安全性および忍容性に関するデータが得られており、2型糖尿病における単剤およびインスリンを含む他の血糖降下薬との併用による全ての血糖降下療法で幅広く使用されることが期待されている。

ワンクリックアンケート

薬剤名は一般名と商品名どちらで憶えている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  薬剤情報 »  2型糖尿病治療薬イメグリミン、世界に先駆けて国内で発売