メニューを開く 検索 ログイン

ファイザー、パクリタキセル点滴静注液「ホスピーラ」の新規および増加注文も辞退と発表

 2021年09月13日 12:23
プッシュ通知を受取る

 ファイザーはこのたび、抗がん薬パクリタキセル点滴静注液100mg/16.7mL、同 30mg/5mL(商品名ホスピーラ)について、8月20日から出荷調整を開始していたが、この出荷調整に伴い、しばらくの間は新規採用を辞退すると発表した(関連記事「既治療NSCLCへのNab-PTXがDTXに非劣性を証明」「nab-パクリタキセル出荷調整で関連学会が声明」「抗がん薬パクリタキセルが出荷調整」)。

 さらに、出荷調整前の需要分に対する在庫はあるものの、それ以上の需要に対応することが現時点では難しく、同薬の増加注文についても辞退することを公表。

 現在、同社は海外製造所とともに同薬の増産について検討しており、今後の供給については判明次第案内するとしている。

ワンクリックアンケート

薬剤名は一般名と商品名どちらで憶えている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  ファイザー、パクリタキセル点滴静注液「ホスピーラ」の新規および増加注文も辞退と発表