メニューを開く 検索 ログイン

心房細動の早期検出で脳卒中低下を証明

スウェーデン・約3万例の高齢者対象RCT

 2021年09月14日 05:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 心房細動(AF)は虚血性脳卒中の主な原因の1つであるが、早期に検出して抗凝固療法を開始すれば脳卒中リスクを低下させることができる。こうした中、スウェーデン・Karolinska InstitutetのEmma Svennberg氏らは、高齢者を対象にAFスクリーニングの効果を検証する、ランダム化比...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

オミクロン株、日本にとって脅威か

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  心房細動の早期検出で脳卒中低下を証明