メニューを開く 検索 ログイン

心房細動の早期検出で脳卒中低下を証明

スウェーデン・約3万例の高齢者対象RCT

2021年09月14日 05:00

6名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 心房細動(AF)は虚血性脳卒中の主な原因の1つであるが、早期に検出して抗凝固療法を開始すれば脳卒中リスクを低下させることができる。こうした中、スウェーデン・Karolinska InstitutetのEmma Svennberg氏らは、高齢者を対象にAFスクリーニングの効果を検証する、ランダム化比較試験(RCT)STROKESTOPを実施。約3万例の高齢住民に対するAFスクリーニングによって、脳卒中および全身性塞栓症、入院を要する出血、全死亡の複合イベントリスクが低下したとの結果をLancet2021年8月27日オンライン版)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  心房細動の早期検出で脳卒中低下を証明

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで