メニューを開く 検索
Oncology Tribune

ペムブロリズマブ、RCC術後療法で承認申請

2021年09月15日 17:24

1名の医師が参考になったと回答 

 MSDは9月14日、抗PD-1抗体ペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ)について、腎細胞がん(RCC)の術後補助療法における適応取得を目指し、厚生労働省に承認申請を行ったと発表した。

 今回の承認申請は、国際共同第Ⅲ相試験KEYNOTE-564の結果に基づくもの。同試験では、腎摘除術または腎部分切除術後の再発リスクが中~高度、または高度、またはM1NED (原発腎腫瘍および遠隔転移巣ともに完全切除)の淡明細胞型を有するRCC患者に対するペムブロリズマブの術後補助療法を検討。その結果、1回目の中間解析において、ペムブロリズマブ投与群はプラセボ投与群と比べ、再発リスクを有意に改善したことが示された(関連記事「術後ペムブロ、腎がん全摘後のDFS改善」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  ペムブロリズマブ、RCC術後療法で承認申請