メニューを開く 検索 ログイン

行動制限緩和「可能性ある」 ワクチン接種完了など前提―中川日医会長〔時事メディカル〕

 2021年09月15日 18:24
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス対策をめぐり、日本医師会の中川俊男会長は15日の定例記者会見で、政府が示した行動制限緩和の方針について、「日本人の高い公衆衛生意識をもってすれば、行動制限緩和の実現の可能性はある」と述べた。希望者へのワクチン接種が完了し、感染が収まっていることなどを前提に挙げた。

 中川氏は8日の会見で、行動制限緩和に慎重な姿勢を示していたが、「感染状況や医療提供体制状況は日々変化する」と強調。その後政府対策本部が示したデータなどを基に、今回の判断に至ったと説明した。一方、緊急事態宣言下での制限緩和は難しいとの見解を示した。

(2021年9月15日 時事メディカル)

ワンクリックアンケート

先生は100歳まで生きる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  時事メディカル »  行動制限緩和「可能性ある」 ワクチン接種完了など前提―中川日医会長〔時事メディカル〕