メニューを開く 検索

糖尿病・眼科領域で診断用AIは有用か

2021年09月16日 13:20

3名の医師が参考になったと回答 

 近年、医療分野における人工知能(AI)の応用研究が進展し、眼科領域では2018年に米・IDx Technologies社(現・Digital Diagnostics社)の糖尿病網膜症AI自動診断システム(販売名IDx-DR)が、米食品医薬品局(FDA)から承認された。しかし、広島大学大学院教授/ツカザキ病院(兵庫県)眼科主任部長の田淵仁志氏は「AIの特質上、日本で同様の診断用AIを臨床導入するに当たっては注意が必要だ」と指摘する。第21回日本糖尿病インフォマティクス学会(8月28~29日、ウェブ併催)で同氏は、診断用AIの課題と日本の糖尿病および眼科領域で想定される活用法について解説した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病・眼科領域で診断用AIは有用か