メニューを開く 検索 ログイン

早期PDへの尿酸維持療法、有効性を認めず

 2021年09月16日 05:00
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe stock ※画像はイメージです

 尿酸値の上昇とパーキンソン病(PD)のリスク低減との関連性が報告されている。米・マサチューセッツ総合病院のMichael A. Schwarzschild氏らは、早期PD患者を対象に尿酸前駆体イノシンの有効性を検討する第Ⅲ相二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)SURE-PD3を実施。そ...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  脳・神経 »  早期PDへの尿酸維持療法、有効性を認めず