メニューを開く 検索 ログイン

産後うつ、長期経過後も発症する可能性

 2021年09月17日 05:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 (© Adobe Stock ※画像はイメージです)

 産後うつは通常、出産から数カ月以内に発症するとされる。しかし、東北大学大学院精神神経学分野の菊地紗耶氏らの研究グループが長期的な検討を行ったところ、うつ症状は産後1年経過しても、持続あるいは発症する可能性が示唆された。詳細をJ Affect Disord(2021年9月4日オンライン版)に報告した...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

医学・医療情報、主に見るのは...

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  産後うつ、長期経過後も発症する可能性