メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

METex14陽性肺がん、amivantamabで腫瘍縮小

第Ⅰ相試験CHRYSALISの早期解析

 2021年09月17日 18:11
プッシュ通知を受取る

 Amivantamabは上皮成長因子受容体(EGFR)および間葉上皮転換(MET)を標的とした二重特異性抗体で、first-in-humanの第Ⅰ相試験CHRYSALISでEGFRエクソン20挿入変異(EGFRex20)陽性の非小細胞肺がん(NSCLC)に対する腫瘍縮小効果が認められ、米食品医薬品...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  METex14陽性肺がん、amivantamabで腫瘍縮小