メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  ワクチン活用でCOVID-19と共存

ワクチン活用でCOVID-19と共存

2021年09月22日 05:00

6名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行は世界で継続しており、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)変異株の出現によりさらに拡大している。一方、SARS-CoV-2ワクチンが流行抑制に有効であると期待されている。東京医科大学病院渡航者医療センター特任教授の濱田篤郎氏は「COVID-19はワクチンで重症化を抑制しながら、季節性インフルエンザのように共存していくことになるのではないか」と第25回日本渡航医学会(8月21〜22日、ウェブ開催)で述べた。さらに、渡航者のワクチン接種についても解説した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  ワクチン活用でCOVID-19と共存