メニューを開く 検索

早期胃がん・⼤腸がんの診断数が減少

COVID-19流行下の受診控えが影響

2021年09月22日 13:25

6名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流⾏期には早期の胃がんと⼤腸がんの診断数が有意に減少し、⼤腸がんでは進⾏したステージで発⾒される例が増加した。横浜市⽴⼤学肝胆膵消化器病学の葛⽣健⼈氏(現・国立病院機構横浜医療センター消化器内科)、同講師の⽇暮琢磨氏らは、COVID-19流⾏前と流⾏期における消化器がんの新規診断数の変化について調べた結果をJAMA Netw Open2021年9月21日オンライン版)に報告した。COVID-19流行下の受診控えが影響したものと考えられた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  消化器 »  早期胃がん・⼤腸がんの診断数が減少