メニューを開く 検索 ログイン

小児科医療が存続の危機、コロナで患者激減

日本小児科学会が調査結果公表、診療に甚大な影響

 2021年09月22日 16:43
プッシュ通知を受取る

44名の先生が役に立ったと考えています。

 日本小児科学会は、小児医療を担う診療所や病院における患者の受診控えや、COVID-19診療による影響などの運営実態を調べるため、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行の第二波期間中に当たる2020年7~8月に同学会の代議員を対象に行ったアンケート調査の結果を一次調査報告としてまとめ、9月...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

医学・医療情報、主に見るのは...

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  小児 »  小児科医療が存続の危機、コロナで患者激減