メニューを開く 検索 ログイン

パートタイム医師が診た入院患者で高い死亡率

米国の高齢者で診療情報データを解析

2021年09月24日 14:55

56名の医師が参考になったと回答 

 慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科の加藤弘陸氏と米・カルフォルニア大学ロサンゼルス校准教授の津川友介氏、米・ハーバード大学などの研究グループは、米国の65歳以上の高齢者に関する診療情報明細データを解析した結果、緊急入院した患者を勤務日数が少ない医師が治療した場合、勤務日数が多い医師が治療した場合に比べ死亡率が高い傾向が見られたと発表。研究の詳細を、JAMA Internal Medicine9月13日オンライン版)に報告した。「死亡率上昇を防ぐために、パートタイム勤務の医師に対する追加的な支援が必要」と指摘している。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  高齢者 »  パートタイム医師が診た入院患者で高い死亡率

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD538628 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外