メニューを開く 検索 ログイン

食事前に手洗いしない人の特徴は?

下痢へのリスク認知や不安が関連

2021年09月26日 05:00

2名の医師が参考になったと回答 

 手指衛生は下痢などの感染症の症状に対する簡単かつ効果的な予防法である。渡航医学の領域においては、旅行者の下痢発生率が高いことから基本的な対策として飲食前の手洗いが推奨されている。岐阜大学大学院疫学・予防医学分野の山川路代氏は、渡航者の下痢に対するリスク認知や不安と手洗い行動の関係について検討。第25回日本渡航医学会(8月21〜22日、ウェブ開催)で「下痢へのリスク認知や不安が低い人ほど食事前に手洗いを行わない傾向が見られた」と報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  健康・公衆衛生 »  食事前に手洗いしない人の特徴は?

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで