メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病罹病期間が長いほど結核リスク上昇

糖尿病罹病期間が長いほど結核リスク上昇

韓国成人の解析結果

2021年09月27日 17:05

11名の医師が参考になったと回答 

 韓国・Seoul National University HospitalのJung Eun Yoo氏らは、同国の国民健康保険公団(NHIS)のデータを用いて糖尿病と結核(TB)との関連を検討。その結果、TB新規発症リスクは非糖尿病者と比べて糖尿病患者で高く、糖尿病罹病期間が長くなるほど上昇したとJAMA Netw Open2021; 4: e2126099)に発表した。新規糖尿病発症者では、空腹時血糖(FPG)値が202mg/dL以上の群で低値群と比べてTBの新規発症リスクが高かった。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病罹病期間が長いほど結核リスク上昇