メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  順天堂、コロナ後遺症患者を対象にした漢方診療外来を開設

順天堂、コロナ後遺症患者を対象にした漢方診療外来を開設

2021年09月27日 17:12

5名の医師が参考になったと回答 

 順天堂大学順天堂医院は9月24日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の後遺症を有する患者を対象とした漢方診療外来「Long COVID漢方外来」を今年(2021年)10月1日に開設することを発表した(関連記事「新型コロナの緊急入院例などに漢方薬が奏効」)。

 同外来では、COVID-19罹患後に遷延する倦怠感、頭痛、味覚・嗅覚障害、脱毛、集中力の低下や頭がすっきりしないなどといった症状の緩和を目的に、医療用漢方エキス製剤による漢方診療を行う。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  順天堂、コロナ後遺症患者を対象にした漢方診療外来を開設