メニューを開く 検索 ログイン

アンドロゲン除去療法で下部尿路症状増悪か

通説に反する仮説を検証

 2021年09月28日 18:25
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 前立腺がん治療において重要な位置を占めるアンドロゲン除去療法(ADT)は、がんの進行抑制だけでなく、前立腺の縮小を介した下部尿路症状(LUTS)の改善効果もあると考えられている。これに対し、順天堂大学浦安病院泌尿器科科長・教授の辻村晃氏はADTによりメタボリックシンドローム(Mets)、または加齢...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  腎・泌尿器 »  アンドロゲン除去療法で下部尿路症状増悪か