メニューを開く 検索 ログイン

肝の薬物処理能力は40歳から1歳で0.8%低下

 2021年09月28日 10:45
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe stock ※画像はイメージです

 肝臓における薬物処理能力は、加齢とともにどう変化するのか。千葉大学大学院薬学研究院教授の樋坂章博氏らは、18種類の薬剤に関するデータを独自の手法で統合解析し、加齢による肝臓の薬物処理能力の変化を検討。その結果、薬物処理能力は肝臓の重量と血流量に比例して、40歳から1歳加齢するごとに0.8%低下する...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  消化器 »  肝の薬物処理能力は40歳から1歳で0.8%低下