メニューを開く 検索 ログイン

乳がん検診、6割が不要な視触診を実施

乳腺外科医が警鐘を鳴らす

 2021年09月29日 05:00
プッシュ通知を受取る

44名の先生が役に立ったと考えています。

 年間9万人以上の新規患者が発見される乳がんは、他のがんと比べ若年発症例が多く、働き盛り世代の罹患率が高いため、検診により早期に発見し手術の縮小や減薬を図る意義が大きいといえる。しかし、適切に検診しなければ発見の遅れを招く恐れもある。昭和大学外科学講座乳腺外科学部門教授の明石定子氏は、乳がん検診にお...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  乳がん検診、6割が不要な視触診を実施