メニューを開く 検索 ログイン

フルオロキノロンの急性肝障害リスクを検証

アモキシシリンの2倍超も、絶対リスクは低い

 2021年09月29日 05:05
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 スウェーデンの中高年を対象に、傾向スコアマッチングを用いて経口フルオロキノロン系抗菌薬と経口アモキシシリンで急性肝障害(ALI)リスクを比較したデータベース解析の結果、フルオロキノロン使用によるALIのリスクは2倍超だった。ただし、絶対イベント発生率は低かった。詳細は同国・Lund Univers...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  フルオロキノロンの急性肝障害リスクを検証