メニューを開く 検索 ログイン

WHO職員ら83人が性的虐待 エボラ対応中にコンゴで〔時事メディカル〕

2021年09月29日 11:57

1名の医師が参考になったと回答 

 【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)は28日、アフリカ中部のコンゴ(旧ザイール)が2018年に流行を宣言したエボラ出血熱への対応中、現地で雇用した職員らが、現地住民に性的虐待を行っていたとの報告書を発表した。虐待を犯したと特定できたのは83人で、うち21人にWHOとの雇用関係が確認できたという。

 WHOが証言を聞けた被害者は、女性63人、男性12人。年齢は13~43歳で、平均は約20歳。証言を拒否した人もおり、実際の被害者はより多い可能性がある。

JIJI0929_02.jpg

(2021年9月29日 時事メディカル)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  時事メディカル »  WHO職員ら83人が性的虐待 エボラ対応中にコンゴで〔時事メディカル〕

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD538923 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外