メニューを開く 検索 ログイン

IP合併進行NSCLCへのアテゾ、効果は?

第Ⅱ相試験TORG1936/AMBITIOUSの最終解析

 2021年10月01日 05:05
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 TORG1936/AMBITIOUSは、特発性間質性肺炎(IP)を合併した進行・再発非小細胞肺がん(NSCLC)に対する抗PD-L1抗体アテゾリズマブの有効性と安全性を検証した初の第Ⅱ相試験で、重症の肺臓炎が高頻度に発現したため2020年3月25日に早期中止された。神戸市立医療センター中央市民病院...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  IP合併進行NSCLCへのアテゾ、効果は?