メニューを開く 検索 ログイン

病床確保見直し、都道府県に要請 冬に備え医療体制強化―田村厚労相〔時事メディカル〕

2021年10月01日 13:09

 田村憲久厚生労働相は1日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスのリバウンド(感染再拡大)に備えて病床確保計画を見直すよう、都道府県に求めることを明らかにした。同日中に通知する方針。「第5波」の感染者数を念頭に、冬に必要な病床や宿泊施設の数を算出し、医療提供体制に万全を期す。

 厚労省は6月に病床確保計画を集計し、最大で約13万6000人の療養者を受け入れ可能と公表していたが、田村氏は「計画をバージョンアップする必要がある」と述べた。

 見直しに当たっては、少なくとも夏と同等の感染者数が発生した場合を想定。都道府県は、病床と宿泊施設、自宅療養のほか、臨時の医療施設や酸素ステーションなども含めて受け入れられる人数を計算し、同省に報告する。

 田村氏はまた、緊急事態宣言の解除後初めての週末を前に「行動に対する(制限の)お願いを段階的に緩和していくが、リスクの高い行動は抑えてほしい。次の(感染の)波を何とか防ぎたい」と国民に呼び掛けた。

(2021年10月1日 時事メディカル)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  時事メディカル »  病床確保見直し、都道府県に要請 冬に備え医療体制強化―田村厚労相〔時事メディカル〕

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD538986 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外