メニューを開く 検索

睡眠の質が糖尿病患者のCKD発症を左右

前向きコホート研究HSCAA

2021年10月04日 05:00

1名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe stock ※画像はイメージです

 糖尿病は慢性腎臓病(CKD)の危険因子であるが、何が糖尿病患者の腎機能低下に影響を及ぼすのか。兵庫医科大学糖尿病内分泌・免疫内科学講座主任教授の小山英則氏らは、前向きコホート研究Hyogo Sleep Cardio-Autonomic Atherosclerosis(HSCAA)のデータを用いて、CKD未発症の糖尿病患者の腎機能低下と関連する要因を検討。その結果、腎機能低下には睡眠の質の低下および自律神経機能障害が有意に関連することが示されたと、Sci Rep2021; 11: 19048)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  睡眠の質が糖尿病患者のCKD発症を左右