メニューを開く 検索 ログイン

睡眠の質が糖尿病患者のCKD発症を左右

前向きコホート研究HSCAA

 2021年10月04日 05:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe stock ※画像はイメージです

 糖尿病は慢性腎臓病(CKD)の危険因子であるが、何が糖尿病患者の腎機能低下に影響を及ぼすのか。兵庫医科大学糖尿病内分泌・免疫内科学講座主任教授の小山英則氏らは、前向きコホート研究Hyogo Sleep Cardio-Autonomic Atherosclerosis(HSCAA)のデータを用いて、...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  睡眠の質が糖尿病患者のCKD発症を左右