メニューを開く 検索 ログイン

重症コロナ患者の腹臥位療法に伴う褥瘡管理

 2021年10月06日 16:24
プッシュ通知を受取る

 東京医科歯科大学病院看護師長の侭田悦子氏は、同院で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に有効とされる36時間の腹臥位療法を施行した重症(COVID-19)肺炎患者を対象に、褥瘡の発生状況や原因について検討。その結果を第23回日本褥瘡学会で報告した(9月10~11日、ウェブ開催)。同氏は「長...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  重症コロナ患者の腹臥位療法に伴う褥瘡管理