メニューを開く 検索 ログイン

アレンドロネートで糖尿病リスクが36%低下

 2021年10月06日 05:00
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 骨粗鬆症治療薬アレンドロネートの使用により2型糖尿病発症リスクが36%低下することが示された。デンマーク・Aalborg University HospitalのRikke Viggers氏らは、同国の2型糖尿病患者を対象にアレンドロネートの使用と糖尿病発症リスクの関係について検討した結果を第57...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  アレンドロネートで糖尿病リスクが36%低下