メニューを開く 検索 ログイン

敗血症の初の実態調査、8年間で患者数3.3倍

早期発見、予防策が課題に

 2021年10月06日 17:35
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 千葉大学大学院救急集中治療医学教授の中田孝明氏、同大学病院の今枝太郎氏らJapan Sepsis Alliance(日本敗血症連盟)の研究グループは、日本における敗血症の患者数や死亡者数などの実態を初めて明らかにし、Critical Care(2021年; 25: 338)に発表した。2010年か...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  敗血症の初の実態調査、8年間で患者数3.3倍