メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  小児 »  小児OSA、アデノイド切除で夜尿症が改善

小児OSA、アデノイド切除で夜尿症が改善

CHATの二次解析

2021年10月12日 05:00

12名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)は夜尿症の危険因子とされている。米・Eastern Virginia Medical SchoolのAaron Snow氏らは、非重症OSA患児を対象とした多施設共同ランダム化比較試験Childhood Adenotonsillectomy Trial(CHAT)の二次解析を実施。その結果、OSA治療でアデノイドを切除した児は、経過観察のみの児と比べ夜尿症が改善する可能性が約2倍であったと、JAMA Otolaryngol Head Neck Surg2021年9月9日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  小児 »  小児OSA、アデノイド切除で夜尿症が改善