メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  脳・神経 »  閉塞性睡眠時無呼吸が脳白質病変と関連

閉塞性睡眠時無呼吸が脳白質病変と関連

2021年10月12日 17:59

13名の医師が参考になったと回答 

 ドイツ・University Medicine GreifswaldのHelena U. Zacharias氏らは、同国の横断的観察研究Study of Health in Pomerania-Trend baseline(SHIP-Trend-0)のデータを用いた検討の結果、脳MRI画像で大脳白質高信号域(WMH)として描出される白質病変と閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)との間に強い関連が認められ、OSAが白質病変の治療可能な病態機序の1つである可能性が示唆されたとJAMA Netw Open2021;4:e2128225)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

普段、どんな時に運動を心がけていますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  脳・神経 »  閉塞性睡眠時無呼吸が脳白質病変と関連