メニューを開く 検索

股関節術の脊椎 vs. 全身麻酔、予後変わらず

RCTで生存率と歩行能力の回復状態を評価

2021年10月12日 18:09

10名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe stock ※画像はイメージです

 米・University of Pennsylvania Perelman School of MedicineのMark D. Neuman氏らは、股関節骨折の手術を受ける50歳以上の歩行可能な患者1,600例を対象に、全身麻酔と脊椎麻酔を比較する多施設共同ランダム化比較試験(RCT)REGAINを実施。その結果、脊椎麻酔は60日後の生存率と歩行能力の回復に関して、全身麻酔との有意差はなく優越性は認められなかったと、N Engl J Med2021年10月9日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  運動器 »  股関節術の脊椎 vs. 全身麻酔、予後変わらず