メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  臨床医学 »  がんゲノム医療は臨床の革命となったか?

Oncology Tribune

がんゲノム医療は臨床の革命となったか?

2021年10月15日 15:18

6名の医師が参考になったと回答 

 2019年6月に保険適用となったわが国のがんゲノム医療は、①エキスパートパネルを開催可能で臨床研究や人材育成などによりがんゲノム医療を牽引する中核拠点病院、②エキスパートパネルを開催可能で中核拠点病院と協力して臨床研究や人材育成などを行う拠点病院、③中核拠点病院と連携し治療に当たる連携病院―により構成されている。横浜市立市民病院は全国に161施設ある拠点病院の1つであり、同院呼吸器内科部長/がんセンター長の岡本浩明氏は、拠点病院におけるがんゲノム医療の実情について第80回日本癌学会(9月30日〜10月2日、ウェブ併催)で紹介した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  臨床医学 »  がんゲノム医療は臨床の革命となったか?