メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

血液がんのゲノム医療はどこまで進展したか

 2021年10月20日 05:05
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 2019年6月にわが国で固形がんに対する次世代シークエンサー(NGS)を用いた遺伝子パネル検査〔包括的がんゲノムプロファイル(CGP)検査〕が保険適用となり、現在では造血器腫瘍(血液がん)領域においても導入が進められている。慶應義塾大学血液内科教授/国立がん研究センター研究所分子腫瘍学分野分野長の...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

3回目のコロナワクチン、先生自身の接種は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  血液がんのゲノム医療はどこまで進展したか

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外


本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:12有効期限:12月末まで