メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  心筋ミオシン活性化薬が重症心不全に有効

心筋ミオシン活性化薬が重症心不全に有効

omecamtiv mecarbilの第Ⅲ相試験GALACTIC-HFを事後解析

2021年10月21日 19:20

66名の医師が参考になったと回答 

 米・Duke University School of Medicine/Duke Clinical Research InstituteのG. Michael Felker氏らは、左室駆出率(LVEF)が低下した心不全(HF with reduced LVEF;HFrEF)の患者を対象に心筋ミオシン活性化薬omecamtiv mecarbilの有効性と安全性を検討した第Ⅲ相ランダム化比較試験GALACTIC-HFの事後解析の結果をJAMA Cardiol2021年10月13日オンライン版)に発表した。LVEF 30%以下の重症HFrEF患者においてomecamtiv mecarbilは忍容性が高く、初回HFイベントと心血管死の複合エンドポイントを有意に改善した(関連記事「心筋ミオシン活性化薬が心不全の転帰を改善」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  心筋ミオシン活性化薬が重症心不全に有効